美しさと機能性を兼ね備えた
呼吸する健康住宅

 ご存じだろうか。一般的に人が1日に摂取する飲食物の量は2~3キロであるのに対して、1日に摂取する空気の量は何と15キロ以上。何気なく呼吸している空気の質にこだわることも、健康な身体づくりに大切なことだと実感させられる数値である。人が呼吸することで命を繋ぐのと同じく、家もまた、呼吸することで長期にわたって住み継げる堅牢な器となり得る。日本の伝統建築を受け継ぎ、現代のライフスタイルに調和した住まいを得意とする鞍城建設では、無垢材や塗壁を積極的に採用することで、断熱性や気密性を保持しながらも家が深呼吸できる空間を実現。さらには新聞紙を主原料に防火・防音・断熱・撥水性能を付加したセルロースファイバーによるW断熱の採用によって、木造住宅の大敵とも言える結露を克服し、家屋の寿命を格段に延ばすとともに「温度のバリアフリー」を可能にしている。
 また同社では、機械装置に頼らず、一年を通して快適な環境を提供してくれる。吟味された上質な無垢材ならではの清々しい香気、清浄な空気と一年を通じて快適に保たれる室温は、癒しとやすらぎをもたらす縁の下の力持ちでもある。
 高耐久で省エネ性能の高い『呼吸する木の家』なら、家族の笑顔と健康な未来を安心して託すことが出来ることだろう。水と空気、そして木や土。太陽、風。自然環境に欠かせない要素は、人の住まいにも欠かせないという大切なことを鞍城建設の家は教えてくれる。

今の住まいをより快適に美しく
リフォームという選択①

本格的な日本家屋からモダンテイストのデザインハウス、さらには古民家再生までを手掛ける鞍城建設は、リフォームの腕も確かなもの。長年の家造りで培ってきた確かなノウハウと経験での施工は、施主からの満足度が高い。

今の住まいをより快適に美しく
リフォームという選択②

 写真は、新築ではなく、実はリフォーム。100年近く前に建てたお宅は老朽化が激しく、施主は再生•リフォームを諦めていたという。しかし石坂氏率いる鞍城建設は、家屋の現状を鋭く分析し、再生に着手。みごとに古民家のリフォームに成功した。モダンテイストでまとめられた室内は、既存の純和風の家屋とも違和感なく調和している。

今の住まいをより快適に美しく
リフォームという選択③

 「今暮らしている家を大切にしていきたい」、「新築の予算までは難しい」というケースは勿論、家族のライフスタイルに併せた介護リフォームを依頼する施主も増えているという。古材の生かし方、風と光の抜け方、快適な間取り設計を熟知している鞍城建設。再生を断念する前に、まずは同社に相談をしてみてはいかがだろうか。

有限会社 鞍城建設
本社:沼田市材木町1326-12
TEL / 0278-22-2711
E-mail / anjoh@an.wakwak.com
企業に直接問い合わせる
お気に入りリストに追加
リストに登録して後でまとめて資料請求できます。
この企業に資料請求する
企業のホームページへ
ホームに戻る